専業主婦でも借りられるキャッシングはあるの?

自らの収入を持たない専業主婦の人は、消費者金融では借りられない事になっています。
何故キャッシングが出来ないのかと言うと、消費者金融のキャッシングは総量規制の対象になるからなのです。
総量規制は貸金業法が改正された時に導入されたもので、多重債務者を減らす目的で導入されています。
多重債務者と言うのは1つの貸金業者からの借入れの返済が困難になると、別の貸金業者から借入を行い返済に充当します。
これを繰り返して行くうちに、債務が大きく膨らんでしまうと言うもので、借金だけが雪だるま式に膨れ上がるのが特徴です。

多重債務になる事で返済はより困難になりますので、債務整理を行って自己破産をする人が多くいるのが特徴で、中には自殺をしてしまう人もいると言われているのです。
多重債務にならないようにするために、総量規制が導入されたのですが、総量規制は年収の3分の1を超える貸付を禁じているもので、年収の3分の1以上のお金を借りることが出来ませんので、債務が多くなるリスクを防ぐことが可能になるのです。
年収の3分の1以上はお金を借りる事が出来ませんので、債務としては巨大な金額になる事はありません。

では専業主婦は何故借りることが出来ないかですが、収入がゼロになりますので年収の3分の1以内と言う意味において借りられる金額もゼロになるからなのです。
そのため、貸金業者などの消費者金融では借りられないという事になるのです。
但し、専業主婦でもキャッシングが利用出来る所が有るのです。
それは銀行です。
三菱東京ufjカードローンでは借りることが出来ます。
銀行系でしたら初めての方も安心ですね。
銀行は貸金業法ではなく銀行法に基づいて運営を行っており、銀行法においては総量規制は対象外になります。

そのため、専業主婦の人でもキャッシングを利用する事が可能になっているのです。
但し、専業主婦の人がお金を借りる場合の審査と言うのは、配偶者の収入が審査の対象になります。
と言っても、年収証明書の提出が必要なわけではなく、配偶者に安定した収入がある事が条件になっているのです。