(高尾さん(仮名)/51歳女性/和歌山県在住/職業:会社員)

初めての孫ができ、可愛くて仕方がなく、ついあれこれ買い与えてしまいました。
その直前に、家や車を購入する資金を援助したりしており、その上での散財ですから、我が家の家計は一気に火の車になりかけました。
反省して、きちんと生活を大切にしようと考えた矢先、チャイルドシートを買う事を約束していた事を思い出しました。
断るという選択肢もあったのかもしれませんが、可愛い孫の為という一言には弱く、お金がないとは言い出せませんでした。
更に、親戚から、娘夫婦がそのチャイルドシートをとても楽しみにしているという話を聞いてしまい、後に引けなくなってしまいました。
ですが、今は生活だけでも大変な状態で、どこからお金を出せば良いのかと悩んでいた時に、キャッシングの広告を目にしました。
手持ちの現金が足りないから、お金を借りる、といった事には抵抗があったのですが、実際にキャッシングの説明を読んでみると、法外な利息が付くわけでもなく、むしろ早めの返済を目指せば、利息は少なくて済む事が分かり、思い切って利用してみる事にしました。
審査が通らなければ、諦めようと思っていたのですが、無事に通り、現金を手にする事が出来ました。
そして、無事にチャイルドシートを購入する事が出来ました。
娘夫婦も孫もとても喜んでくれて、ちょっと無理したけれど、購入して本当に良かったと思いました。
これからは節約を心がけ、キャッシングで借りたお金の返済を頑張っていきたいです。